改善提案なら東セラにお任せください!

表面処理:樹脂射出成型法金型部品製造

樹脂射出成型法では1日に数千回も金型が稼働しています。
1つの製品を作るたび金型を稼働させるため、金型の部品同士が擦れて削れてしまい不良品が発生してしまいます。

金型部品に表面処理を施すことで、部品同士が擦れても削れにくくなります。

処理前

処理後

お客さまの声

金型部品に表面処理を施すことで、部品同士が擦れた際の削れが低減され、不良品の発生が低減されました!

材質別 製作事例

材質をクリックすると詳細を閲覧できます。