接着技術について

絶縁、非磁性を必要とする過酷な環境においても
高強度、高精度な接着技術で改善提案致します

接着強度

試験方法

規格 JIS K 685:1999
測定データ 破断力[N]、せん断強さ[Mpa]
接着条件 アルコール洗浄(脱脂)、無加圧接着、自然硬化
試験片 98x25x2t セラミックス+金属(圧延材素材面、研削面)
試験装置 高速引張圧縮試験機(島津製作所/AG-20kNXPlus)

図1 破断力試験結果

図2 せん断の強さ試験結果

図3 試験後の接着面

単位面積当たりの耐荷重に換算すると理論上、接着面積1㎠に60kg~75kg(成人男性1人相当)の重りをぶら下げても耐えられる計算。
セラミックス+金属の引張試験で、破断力2,100~2,400N せん断強さ6.0~7.7Mpaの結果。


※上記は理論値であり保証値ではございません。
※接着方向に対し垂直方向荷重でのデータです。

高精度複合品(接着精度について)

同時研磨が出来なくても接着で精度を出します!!

1

平面同士の接着での精度

▼2辺の段差 ±3μm
▼下面基準の上面平行度 ±2μm
※基材の状態によっては異なります。

2

実際の接着例

▼金属+ジルコニア(左下2箇所)+サファイア(右下2箇所)
▼金属との段差 ±2μm

様々な材質の高強度、高精度接着が可能