表面処理

BHC ブルーウィッシュ・ハード・コート

DLCバージョンアップ

■特徴
DLCの良さを最大限に生かし、より人工ダイヤに近い表面硬度・潤滑性を 発揮します。同時に膜の着き回りが良く、剥離しにくい所も特徴となっています。

用途 アルミ切削用工具他(ドライ切削用)〜
低い摩擦係数により材料の 凝着を防ぐ。
処理温度 200〜250℃
酸化温度 600℃
膜厚 1〜3μm
摩擦係数 0.05〜0.1
硬度 5000〜7000Hv 
※濃紺色の着色も可能です。
BHC

MAD処理

元来MAD処理はDLCの下地処理として開発された表面改質技術です。
独自のプラズマ方式により、母材表面の増速拡散作用による硬化処理を行った結果母材寸法の歪み・ひずみを起こさない低温度による処理で硬度UPに成功しました。

安定したアモルファス層形成により、硬度UPと離型性さらに耐食性も向上させる事に
成功しました!!


MAD処理
アモルファス層
MAD処理
耐食性の向上
MAD処理
左:MAD処理済 右:未処理

MAD処理


適応材質 SKH系・SKD系・SUS系の焼入れ材及び生材。
 (STAVAX、RIGOUR、NAK、HPM材など)
※最近の実績では、S45C等の炭素鋼への処理も可能となっている。
用途 プラスチック金型、ゴム金型、機械部品、各種表面処理の下地処理
変寸・変形等の諸事情により表面処理不可の精密部品及び金型
効果 耐摩耗性の向上・離型性の向上・耐食性の向上。 ※寸法変化0

DLC ダイヤモンド・ライク・カーボン

DLCバージョンアップ

■特徴
人工ダイヤモンドに近いその特性から、低摩耗で潤滑性に優れています。 最近では自動車の主要部品に採用される等、脚光を浴びる事が多くなってきました。

高硬度 (Hv=2,500〜3,500)と非常に高く
耐摩耗性に優れます。
低摩擦 摩擦係数0.10〜0.15(無潤滑)と
他種皮膜に比べ圧倒的に低く、
優れた耐凝着性、耐摩耗性 および
低攻撃性を示します。
用途 軟質金属加工工具(リードフレーム・コネクター)
・摺動部品・自動機用部品
処理温度 100〜250℃
酸化温度 350℃
膜厚 1〜3μm 
摩擦係数 0.13 
硬度 2,500〜3,500Hv
DLC

フッ素樹脂コーティング

各種コーティングについて気軽に御相談御申しつけ下さい!

家庭用の調理器具等で多く知られているふっ素樹脂コーティング。
工業用としても、付着防止や耐薬品性等の特性を利用し幅広く用いられています。


難付着性ふっ素樹脂コーティング膜には、ほとんどのものが付着あるいは
こびりつきにくく、簡単に取り除ける。
耐熱性プラスチックとしては使用温度が広く、FEPでは-240℃〜+200℃、
PTFE/PFAdeh−240℃〜+260℃で使用できます。
すべり性他のプラスチックに比べて、非常に低い摩擦係数をもっています。
荷重・摺動により摩擦係数は変化しますが、
一般的にはμk=0.05〜0.10の値を示します。
耐美品性ふっ素樹脂は、ほとんどの薬品におかされることはありませんが、
コーディングでは被膜が薄いとピンホールができることがあります。
基材への薬品の浸透を遅らせ基材を守るためには、膜厚を厚く
加工する必要があります。
耐摩耗性ふっ素樹脂と耐摩耗性樹脂などを組み合わせることにより、
被膜強度を向上させ、荷重の高い摺動に対しても
優れた耐摩耗性を示します。
電気持性あらゆるプラスチックの中で最も優れた電気持性(絶縁抵抗が大きい等)を
もっています。
導電材を加えて帯電を防止した導電性コーティング膜もあります。


グリーン加工/生加工  グリーン加工/生加工
 
セラミック生加工  セラミックグリーン加工

フッ素樹脂コーティング処理方法

 

白色も可能です。



フッ素樹脂コーディングは、一般の塗料と同じようにスプレー(PFAの場合は粉体塗装)により、
鉄・アルミなどの金属やガラス、セラミックなどに塗装することができます。
フッ素樹脂コーディングの加工方法は、基材の種類、用途、選択するフッ素樹脂の種類によって
異なるが、一般的には、上図のような工程を行ない、必要に応じて吹き付け、乾燥、焼成の工程を
繰り返します。
表面処理は、一般的には酸化アルミ粉末等によるグリッドブラストが行われますが、変性フッ素樹脂の場合には化成処理を行う場合もあります。
熱硬化性樹脂又は熱可塑性樹脂にフッ素樹脂を添加してコーディング用に開発されたものがあるが、一般フッ素樹脂に比べて低温で焼成が可能になります。